MENU

セミナー情報

SEMINAR INFO

林産物加工セミナー・人材育成

対象

転職者・事業者・創業希望者

場所

第1・2回  吉野製材工業協同組合 2階 会議室 
       (吉野郡吉野町丹治11番地)
第3回 下市木工舎 「市~ichi~」 
    (吉野郡下市町阿知賀61番地)
第4回 吉野三町村雇用創造協議会 2階 
    (吉野郡吉野町上市2115番地)
第5回 吉野中央木材㈱貯木ハウス・吉野杉の家 
    (吉野郡吉野町橋屋57番地)

定員

10 定員を超えた場合、前回参加者を
優先させていただくことがございます。

コンセプト

 吉野地域の林業の現状について、製材所の現場やモデルハウスを見学するほか、貯木から、製材、加工までの過程を現場で学びます。また、実習として、吉野材を使った木工品を加工します。吉野材の現場を見て、直に触れることにより、吉野材の素晴らしさを再発見します。これから、林産物の加工に携わりたい方にとって役立つ知識・情報を提供できるセミナーです。

セミナー内容

第1回

林業、林産物加工業の全体像
  • 講師: 杉本和也 氏 ・ 中野 悟 氏
  • 日時: 平成29年9月13日(水)13:00~16:00
  • 〇杉本和也 氏
    1982年奈良県庁入庁。森林・林業関係行政に携わり35年。2013年に林野庁が「長期的・広域的な視点に立ち森林づくりの全体像を描く人材」として創設した森林総合監理士資格を取得。2016年夏には「奈良県森林総合監理士会」を設立し、奈良県の持続可能な森林づくりのための活動を始動。現職は県南部東部振興課で地域支援員として勤務。南部東部地域の産業活性化による雇用の創出と、定住人口の確保を支援する。

    〇中野 悟 氏
    1946年 奈良県吉野町に生まれる。
    1965年 奈良県庁職員
    主に林業専門技術員(造林)として篤林家を対象に林材業の生産、普及、指導をはじめ、県内外、海外からの林材業視察者に対し、吉野林業地内の林分概要や原木市場等の案内と説明によって、吉野材のPRに努める。

第2回

吉野製材の現場を見る
  • 講師: 杉本和也 氏 ・ 中野 悟 氏
  • 日時: 平成29年10月11日(水)13:00~16:00
  • 〇杉本和也 氏
    1982年奈良県庁入庁。森林・林業関係行政に携わり35年。2013年に林野庁が「長期的・広域的な視点に立ち森林づくりの全体像を描く人材」として創設した森林総合監理士資格を取得。2016年夏には「奈良県森林総合監理士会」を設立し、奈良県の持続可能な森林づくりのための活動を始動。現職は県南部東部振興課で地域支援員として勤務。南部東部地域の産業活性化による雇用の創出と、定住人口の確保を支援する。

    〇中野 悟 氏
    1946年 奈良県吉野町に生まれる。
    1965年 奈良県庁職員
    主に林業専門技術員(造林)として篤林家を対象に林材業の生産、普及、指導をはじめ、県内外、海外からの林材業視察者に対し、吉野林業地内の林分概要や原木市場等の案内と説明によって、吉野材のPRに努める。

第3回

木材加工の事例を学ぶ①
  • 講師: 森 幸太郎 氏
  • 日時: 平成29年11月8日(水)13:00~16:00
  • 大学卒業後、ワーキングホリデーでニュージーランドに一年間滞在。
    その時に、経験した建築現場での仕事がきっかけでものづくりを仕事として意識する。
    帰国後、木造ヨットの製作工房で木工の仕事を始める。
    2010年奈良県立高等技術専門校家具工芸科にて家具作りを学ぶ。
    卒業後、大小、形の様々な鉋(かんな)で造形し、仕上げまで行う鉋仕上げの技術に惹かれ、木工芸家・徳永順男氏に師事。
    修行中に吉野杉の家具を作ったことがきっかけで、下市木工舎 市の立ち上げに関わり代表として下市町に移住。

第4回

木材加工の事例を学ぶ②
  • 講師: 辻 好弘 氏
  • 日時: 平成29年12月13日(水)13:00~16:00
  • 1981年5月18日生まれ。大阪市南港平林にある、材木屋と共同運営のアルブル木工教室の責任者。映像ディレクターから「手に職を」と家具製造業に転身。その後、ものづくりや国産材の価値を知ってほしい、向上させたいとの想いから、教室にて講師を務める。

第5回

吉野製材・加工の現状と今後の展望
  • 講師: 石橋 輝一 氏
  • 日時: 平成30年1月17日(水)13:00~16:00
  • 1978年5月17日生まれ
    北海道大学経済学部卒業
    吉野中央木材株式会社 専務取締役
    大学卒業後、大阪・東京での勤務を経て、家業である吉野中央木材に入社。
    製材の仕事を通じて、吉野の木の暮らしを発信。
    木材事業者の後継者の有志団体「Re:吉野と暮らす会」を立ち上げ、
    吉野貯木まちあるき、吉野中学校の愛学習机プロジェクト、吉野杉の家プロジェクトを取組中。
セミナーチラシ(表)PDF セミナーチラシ(裏)PDF セミナーのお申込み、お問い合わせはこちらから

RECRUIT

求人情報

ハローワークインターネットサービス

AKIYABANK

空き家バンク

川上村

川上村

東吉野村